July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日から4月!

今日から4月です。
バタバタと忙しい毎日を送っていると、つい忘れがちなのが季節の移り変わり。
でも、工房に毎日自転車で行っていると所々で季節を感じることが出来ます。
先日終了したグループ展の会場となった工房近くのギャラリー前には大きな桜並木があって、今週末には満開になるそうです。
丁度今週末は桜祭り。
今年もここ、市役所通りが歩行者天国になって多くの人達が花見にやってきます。
相模原市民祭り→http://www.e-sagamihara.com/event_sakuramatsuri.html


昨日は忙しい合間の息抜きに、近所で行われた寄せ植えの講習会に行って来ました。
工房にまた新しい春の息吹がやってきました。
講習会の様子はプライベート日記に載せています。
いつかこちらの工房でも講習会が開けたらいいですね。

今週は先月行った多摩センター三越での注文作品の納品に、来週は神戸にある猫作家のお店ゆめ猫さんの所にも納品があります。
ゆめ猫さんはこれまで何度か企画展に出させていただきました。今後はアンテナショップとして近畿地方の方々にもW-WELLの作品が手に取れるよう随時作品を販売いたします。
近くにお住まいの方への要望も承ります。
何かありましたらお知らせ下さい。

では今日からまた頑張ります!

「春の宴」終了しました

昨日で11人の作家展「春の宴」は終了しました。
期間中会場へ足を運んで頂いた方々にはこの場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。
今回初めての参加で不安もありましたが、他のベテラン作家さん達の助けもあって無事終わることが出来ました。
作家の殆どが相模原、町田で制作活動されている方達。
年に一度の顔合わせにもかかわらず、普段からお会いしているかのように、作家もお客様も和やかな雰囲気で5日間、会場内を賑わかせていました。

とにかく私が刺激を受けたのは皆さんのパワフルなところ。
皆それぞれに家庭を持っています。
そして子育て、介護、自身が病と闘いながら制作をしているといいます。
彼女たちは好きな手仕事をするときが、日々の忙しさから開放される癒しのひとときだそう。
そんな思いから作られる作品にはどれも温もりがあります。
それでいて品質は確かなものばかり。こだわりを持っています。
喜んで使って貰えればそれで嬉しいと価格も控えめ。当然ファンも多い。

人生の先輩方から多くの事を学ばせて頂いた5日間でした。
また来年、皆様と「春の宴」でお会いするのが楽しみです。


最後に私のスペースを紹介。今回ワイヤーが人気でした。
来年もこの場所で展示する予定です。




紹介しきれませんでした作家さん達。
殆どの方がネットが出来ないそうで私が代わりにご紹介。
皆さん素敵な作品でした!

「春の宴」4日目

ギャラリーのあるビルの周辺の桜が色づいてきました。
ここ数日、寒の戻りがあって桜の開花スピードがゆっくりになり、来週の土日に行われる桜祭りの頃には満開になることでしょう。


11人の作品展「春の宴」は初日から連日大盛況です。

明日は最終日で午後4時までとなっております。
来られる方は時間にお気を付けてお越し下さい。

春の宴初日

 
本日から「春の宴」グループ展が市内にある「ギャラリースペース游」で始まりました。
この「春の宴」展は毎年桜がほころび始めるこの時期に開かれるそうで、今回で15回目になるそう。
毎年これを楽しみにしていらっしゃる常連のお客様が開店と同時に入ってこられ、会場内は賑やかな雰囲気に包まれました。
こちらが私の作品です。
手前がアクセサリーで横の壁にワイヤーが飾ってあります。
あまり良く撮れませんでしたので後日あらためてご紹介致します。







今日も作家さんを何人かご紹介致します。
作品は様々なジャンルがあって、まずは衣・食・住の「衣」。
今回私と同じく初出展の「さおり織り」の城川京子さん。昨年活動拠点を名古屋から市内に移して制作活動しているそうです。さおり織りについてはオフィシャルサイトをご覧下さい。→http://www.saori.co.jp/

それから「食」の陶芸家の一ノ瀬成子さん。
市内の城山湖にほど近い「かたくりの里」の中にある工房で制作活動をしているそうです。
この方は釉薬を自然素材のわら、もみ殻、梅、椿などの灰を使って釉薬を作り出すという。
自然の温もり伝わってくる作品です。
こちらでは私の工房に置く湯飲みをお取り置き。

丁度この時期はかたくりの花が咲く頃。
かたくりの里のサイトを覗いてみましたら今週末が見頃だそうです。
城山かたくりの里オフィシャルサイト
http://www.katakurinosato.com/index.html

そして「住」の木工作家の森美絵さん。
市内で手作りのカントリー木工雑貨を作っているそうです。今は殆ど注文で手一杯だそう。
手間の割にリーズナブル。



明日はお昼から用事があって不在にしております。夕方に会場に戻る予定です。
宜しくお願い致します。

P.S
先日のブログで今回の会期の曜日に誤りがありました。正しくは3月25日(水)〜3月29日(日)です。
先日のブログも直しておきました。
大変失礼致しました。

春の宴始まります

 
本日、明日から行われる「春の宴」の搬入に行って来ました。
色々なジャンルの作品が集まって楽しい会になりそうです。
すでに目を付けた作品が数点あります。
どれも百貨店で見るより安いので驚きました。
これも作家直売だからなのでしょう。
ちょっとだけご紹介を。
こちらはウォルドルフ人形というものらしいです。
おまめに入った三つ子ちゃんがなんともかわいいですね。





こちらはバックの職人さんが作った作品だそうです。
丁寧に作られていてとても丈夫そうです。
やはり本革はいいですね。



明日から29日まで開催します。
引っ越し、進学、就職のシーズンです。
お祝いやプレゼントに本物はいかがですか?
どれも一点モノですのでお早めに来られることをお勧めいたします。

フィリグリー作品

 
現在、あさってから始まるグループ展に出品する作品の制作に追われています。
せっかくなので今回は猫以外のモノを少し出そうと思い、以前から作ってみたかった
「フィリグリー」という技法で作ってみました。
「フィリグリー」とは金線や銀線を編み上げたもので形を作って溶接する細工のことらしいです。
ヨーロッパで発祥して今では世界各地で作られています。
レース編みのような繊細な作品です。
日本では平戸細工と言われています。
ワイヤー細工の応用ですね。
今回は真鍮線と銀線で作りました。

最近百貨店に出展していますと、猫以外の作品も作って欲しいと言われます。
これまでは時間が無いことを理由に作りませんでしたが、自分の好きなラッキーアイテムのハート、羽、クローバーなどもこれからは少しずつですが作っていきたいと思っています。
もちろん猫もラッキーアイテムなので作り続けますよ!
<<back|<101102103104105106107108109110>|next>>
pagetop