November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

伊勢丹相模原店『アートクラフト展』終了しました。

本日で7日間に渡って行なわれていました、

伊勢丹相模原店での『アートクラフト展』が無事に終了いたしました。

 

会期中会場へ足を運んで頂いた皆様

本当にありがとうございました。

まずはこの場をお借りしまして御礼申し上げます。

 

昨年で10年続けた工房展も終了し、今年に入って久しぶりの長丁場の出展でした。


この所の気温の低さに会場では寒くて震えてた日もありましたが何とか風邪も引かずに乗り越える事が出来ました。

さすがに家に帰るとサイトの更新も何も出来ずにいましたが

これ迄のイベントとは違い睡眠だけは取る様にして、無理はしない事に終始気を付けていました。

 

それも今年の秋で閉店してしまう伊勢丹相模原店での最後の出展になるということと

私自身今年から体制を変えて、イベントの出展を控えてるのもあり、

久しぶりの出展に最後迄お客様方と楽しもうという想いがありました。


会期中はDMが無かったにもかかわらず、

最終日まで毎日常連さんやご近所さんやSNSを見たという方々が会いに来てくださり、

本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました♪

 

また、最近は猫以外の作品も展示するようになって以降、

幅広いお客様が私の作品に興味を持って頂いています。

お陰様で多くの生きもの達が巣立っていきました。

私自身も楽しく作品を作る事が出来ました。

今後もバラエティ豊かな作品制作をして行こうと思ってます。

 

また、同じ会期を過ごした作家さん達からのパワーも

頂く事が出来ましたので、イベントを控えながらもまた機会がありましたら

クラフト展に参加出来たらと思っています。

 

そして今回のイベントにお誘い下さいました企画会社様と

伊勢丹相模原店のスタッフの皆様には感謝を申し上げます。

 

特に伊勢丹相模原店は地域に寄り添う百貨店で

スタッフは地元の方が殆どで、知り合いもスタッフとして働いているのもあって

アットホームな雰囲気が好きでした。

2017年8月7日ブログから

 

先程も言いましたが、この秋に閉店をする伊勢丹相模原店。

「相模大野の顔」惜しむ声 伊勢丹相模原店、来年9月閉鎖 カナコロから

 

31年前に主人の実家に結婚のご挨拶に行く為に初めて相模大野駅に降りた時、

駅の前は何もありませんでした。

それから平成元年に結婚し、翌年伊勢丹相模原店がオープンしました。

平成5年に都内から相模原に越して来て25年。

平成9年には伊勢丹相模原店横の市民ギャラリーで初個展を開き、
平成21年、22年の春と秋には相模大野アートクラフト市に出展。
当時はまだ規模の小さいイベントで、主催の方に相模大野をクラフトの街にしたいので
作家さんを紹介してくださいと言われて当時何人かに声をかけた事を思い出します。
それが今では来場者5万人規模の巨大なイベントとなりました。
昨年の春には「アートクラフト春の市」と連動した伊勢丹相模原店でのアートクラフト展に初参加。
そして今回が最後となるアートクラフト展に参加した事でこれからの活動に大きな自信となりました。

 

平成も伊勢丹相模原店でのアートクラフト展と共に終了し、

新しい元号『令和』を迎え、また新たな活動が出来ればと思っています。

 

令和も引き続き宜しくお願い致します。

 

平成31年4月30日

工房W-WELL

白井 光可

pagetop