December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

そごう横浜店「日本全国ねこ巡り」が終了し、改めて思う事。

JUGEMテーマ:イベント情報

 

いつも当ブログをご覧下さりありがとうございます。

昨日でそごう横浜での「日本全国ねこ巡り」が終了致しました。

会期中に当会場へお越しくださった方々、お声を掛けてくださった方々、

本当にありがとうございました!

 

また、会期中ご一緒させて頂きました作家さんやそごうスタッフの方々、関係者様にも

色々とフォロー頂きまして感謝致します!m(_ _)m

 

百貨店催事は一年振りで前回の伊勢丹相模原店の催事から続いての参加でした。

ここ最近は健康上と制作時間捻出などの諸々の理由で

拘束時間の長い百貨店催事は控えていました。

 

今回お話頂いたのが急だったのですが、好きな横浜での出展でしたので参加させて頂きました。

ただ、伊勢丹直後で作品構成も在庫がままらぬまま、また、そごう側の宣伝もfacebook以外特に無く

ディスプレイにも制限があり、限られた環境の中での出展に

会期当初かなりの戸惑いがありました。。。

 

それでも、会場は小さなスペースながらも、企画者と出展作家達で

知恵を出し合いながら、セレクトショップを意識した居心地の良い空間となって

出展作家達みんなでお客様をお迎えし、猫談義に盛り上がり、結果的にお客様に気に入って頂けた様です。

 

今回は8階で岩合光昭氏の写真展と3階の池田あきこさんの世界「猫のダヤンフェア」など

全館で猫にまつわる商品を扱ったからでしょうか、連日多くの猫好きさんが当会場にもいらっしゃいました。

 

私が在廊していた7日間の中では会場にほぼ毎日足を運ばれた方、リピーターの方から

外商のお客様までいらっしゃったり、様々な方々とお話させて頂きました。

 

お陰様でお客様から次回開催へのご希望の声まで頂きました。

 

その中で感じたのは、ここにいらっしゃる方の中には本物志向が強いが上に

目が肥えていらっしゃる方も多く見うけられました。

 

それはおそらく、そごうブランドに魅力があるのだろうと思います。

そこには本物で良質な商品をお客様に提供するというプライドがありました。

そごうでは商品に対しての制約も厳しく、何をするにも書類が必要です。

たった一週間とはいえ、社員研修から始まり、毎朝の朝礼、

誓いの言葉、手話、英語対応の復唱、お客様をお迎えする為の心得を教えて頂き、

改めてモノを売る為の大切な事を学ばせて頂きました。

 

百貨店は今も尚、お客様にとっては特別の場所のようですね。

 

私にとっても販売する立場として、そごう横浜店は特別の場所になりました。

毎日食堂から眺める景色と安くて美味しい食事に士気も高まりました♪

 

良い百貨店は職場の環境も良質なんですね。^^

 

 

前回の伊勢丹相模原店から続いて

この夏は色々な経験をさせて頂いた事で

自分自身、もっと技術を磨いて良質の作品を作りたい、

量産安売り作品にはしたくないと改めて思いました。

 

今、手作りブームで自分で作った作品を手軽に売る事が出来る時代。

その中で自分の作った作品にどれだけ責任を持って売っている方がいるのでしょうか?

フリマ感覚で手作りが好きだから売ってみようとか、お小遣い稼ぎになるからと

売りっぱなしと言う方もいらっしゃるかもしれません。

作品に何かあった時の為にお名刺を入れていらっしゃいますか?

中には安易に模倣作品を売られる方もいらっしゃるかも。

百貨店では模倣品を売ってはいけないと誓約書を書かせられます。

 

今回はスケジュール的に少し無理をしましたので

制作時間が足りなく、結果的に成果が分散してしまいましたが

それでも得たものは多かったと思っています。

 

最近特に各地で同時多発的にイベントが多くなり、

各方面から出展依頼があります。

 

私自身器用ではないので2つ以上抱えてしまうと中途半端になってしまい、ご迷惑をおかけしてしまいます。

参加するからには期待に添える作品を作っていきたいので

今後のイベントは慎重に参加させて頂きたいと思います。

 

今回そごう横浜店ではワイヤー作品ではスペースの関係上、大きな作品は控えて小物で揃えましたが

その中でも一輪挿しが大変好評でした。

用意した一輪挿し作品はほぼ完売致しました。

 

お買い上げくださった方々は殆んど初めてお会いする方々でした。

本当にありがとうございます!

 

また、アクセサリーについては、18Kやプラチナに天然石アクセサリーをされているお客様が多かったせいか

シルバーや真鍮と伝えるとスルーされる事も^^;(残念!)

それでも、一番反応した、古代ガラスのローマンガラスのアクセサリーには

通りがかりのおじ様にも目を止められ、ガラスに見入ってました^^

こちらはお陰様で手元から巣立って行きました♪

また、新たなローマンガラスを探し求めに行ってきます^^

 

アクセサリーについてはそろそろ次のステップに行く時期かもしれませんね。

その為には資金と技術が必要なのでこれからも一層精進しないと!

 

ひとまず溜まったオーダーと次の作品展用のDM用作品を作って少し休んでから

今年は10月末の鎌倉での作品展と12月の恒例の工房展に向けて頑張ります!

(合間に細かいイベントに参加も予定しています)

 

 

今後とも宜しくお願い致します。

pagetop