August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

あれから4年経ちました。

今年も3月11日がやってきました。
4年前のあの日、吉祥寺で震災に遭い家に帰れず右往左往しながら飛び込んだ洋菓子屋さんで親切にして頂いた事。
一晩三鷹の伯母の家に泊めさせてもらった事。そしてその晩のテレビから信じられない光景を見た事が昨日の事のようです。
(自宅では旦那と猫達が停電の中一晩過ごしてました)
その日から計画停電やボランティア活動など目まぐるしい日々が過ぎて行きました。

<ブログ鎮魂のキャンドルライトから>

今でも毎日目まぐるしく時間は過ぎていますが、それは震災とは関係ない所での忙しさで当時の震災への心構えから離れがちになってきていました。
今日も朝から慌ただしく外出していて、震災が起きた時間の午後2時46分には、丁度、免許の更新期限が迫っていて、工房近くの警察署の窓口で手続きしてて、終わって帰ろうとしたいたところ、署内のアナウンスで一斉に黙祷が始まりました。

このタイミングで黙祷出来たのが良かったです。(免許証の交付日が3月11日になりました)

今日の3月11日に気持ちを切り替えれたらと思い、急いで昨年の暮れの工房展で作ったカゴ盛りとキャンドルに灯をともし、犠牲者の鎮魂と被災地の1日も早い復興を願いました。

思う事が大事なんですよね。




それから、現在後方支援しています被災地の犬猫達の給餌活動と保護をされている「清川しっぽ村」さんがこの春に向けて「移動診療車」の運行準備をしています。
しっぽ村ブログから→「移動診療車 運行準備

震災後約2年程被災地ペットシェルターでボランティアをしていた経験から感じていた、被災地のペット事情。
震災以降に生まれた犬猫は被災動物にはあたらず、国からの補助は受けられず、「清川しっぽ村」さんのような民間ボランティアによって命を繋いでいます。

この移動診療車で直接現地へ出向き、不幸な命を増やさない様TNR活動をするそうです。
これから春の出産ラッシュを迎えます。

1年も早く穏やかな春が来る事を願っています。

comments

   

trackback

pagetop