April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今年もありがとうございました♪

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
今年も残すところ早いものであと二日となりました。

先週までネコクリの後片付けや発送に追われていてご報告が遅くなりましたが、
今回のネコクリ2013での寄付金額をお知らせ致します。
今回ミニポストカード展では売上の30%を被災ペットシェルターの猫達のご飯代にするということでしたので計算したところ8,920円になりました。
今回ミニポストカード展に参加頂いた、松風直美さん、桐山暁さん、うおぷくさん、高橋早苗さん、北田友二さん、棘女(おどろめ)さん、Junsさん、おさのなおこさん、キャットバルーンさん、アトリエ猫の星さん、お忙しい中のご協力ありがとうございました!
 
それから、会場に設置していましたお客様のご提供品によりますチャリティ募金箱ですが、
全部で10,360円となりました。
ご提供頂いた方々、またご寄付して頂いた方々、ご協力ありがとうございました。

 
そしてミニポストカード展とチャリティ募金箱と今回のネコクリ作品の売上の一部と合わせまして、35,000円をシェルターの支援物資費とさせていただきます。

今回、ネットや会場にてご購入頂いた皆様、そして、
ネコクリに作品をご提供頂きました、松風直美さん、桐山暁さん、高橋 早苗さん、櫻井魔己子さん、うおぷくさん、
宮崎 麻美さん、つぐみ製陶所さん、本当にありがとうございました。

震災から3年経った今でも各地シェルターでは多くの子達が飼い主の元へ帰れずボランティア達によって命が繋がっています。
また、その他にも飼育放棄や保護された子達も新たに増えています。
東日本大震災が起きた2ヶ月後から始まった猫の手助けボランティア。
最初の1年はとにかく必死にシェルターに通い猫達のお世話をしてきました。
猫の手助けブログ→http://w-well.jugem.jp/?cid=17
2年目は老猫の介護と看取りや多忙によって体調を崩してシェルター通いから後方支援にシフトし今に至っています。
(相方は現在もシェルターへ猫のお世話と物資を届けてくれています。)

後方支援をしていると色々な情報を教えて頂く事もあります。
それまで目の前の事だけで必死でしたが、まわりを見渡すと沢山の子達が救いを求めているシェルターが
各地に多く点在しているのです。

一作家が一人で継続して支援していくには限界があります。
でも、この「路地裏の猫屋」のイベントを続けて行く事で、参加頂く作家さん達とネットや会場へ来て頂く方々のお気持ちが形となってシェルターの子達を微力ながら支援し続けられます。



今回のテーマは「ネコ達からのメッセージ」でした。
この世には沢山のネコ達がいます。
みんなそれぞれ色々な境遇で生きています。
愛情一杯受けている子。捨てられる子。
飼い主と離ればなれになった子・・・
​どんな境遇でも皆一生懸命生きています。
この子達からのメッセージを受け取る事が出来ましたでしょうか?

来年は、一匹でも多くの子が穏やかな日々を送れる日が来ますように切に願います。

今年もありがとうございました♪
 










 
pagetop