November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

長寿表彰受賞式に行って来ました♪

JUGEMテーマ:にゃんこ 
先日の日曜日、横須賀で行われた「動物フェスティバル神奈川2012inよこすか・みうら」に行ってきました。
場所は戦艦「三笠」がある三笠公園横の神奈川歯科大学構内。
相模原から横須賀まで来たのは、このイベントで18才以上のペットへの長寿表彰式があり、そこに参加する為です。

今年6月19才を迎えたピキへの招待です。
しかし、表彰されるはずだったピキは8月9日に虹の橋に行ってしまいました。

この表彰式のお話しを頂いたのは今年の春。
それまで病院に行くことが殆どない程元気だった当時18才のピキの様子がおかしく、獣医さんに看てもらったところ、老化で脳の萎縮が進み、いわゆる痴呆状態。そう長くはないでしょうと言われとてもショックを受けました。

その時に落ち込んでいる私に先生の奥様から「がんばっているピキちゃんに県から長寿の表彰があるから申請しない?」と勧められました。
表彰式は10月だそう。そんなにピキには時間がないとは思いましたが、少しでも長く生きられる事を目標に申請をお願いし、介護が始まりました。

そして6月に19才を迎え(主人が子猫のピキを保護し、我が家にやって来たのが6月なのでその月を誕生月にしました)何度となく危険な状態から立ち直り、表彰式の招待状が届いたその夜、ピキは旅立ってしまいました。

その時はショックで、ピキがいなくなったからもう長寿表彰式に行く必要が無くなったんだと表彰を辞退しようかと思っていたのですが、時間が経つにつれ、「もしかしたらピキは招待を待っててくれたのかしら?表彰はピキが生きた証なんだ」と思い直し、表彰式に行くことにしました。

表彰式は動物フェスティバル神奈川というイベントの一環で行われる式典です。
このイベントは昭和51年から毎年10月に神奈川県内の各地持ち回りで開催、今年で37回目だそうです。
そんなに歴史があるとは知りませんでした。

式典会場での長寿表彰式。この日は18才以上の長寿ペット申請頭数が県内で764頭いるそうで代表の方が賞を受けとっていました。


また、会場内では色々な愛護協会の展示、里親会や動物ふれあいコーナーやしつけ教室など、動物に関する展示が数多くされていました。
このようなイベントに参加したのは始めてでしたが改めて動物と向き合う事が出来た日だったと思います。
ピキの授賞式がなかったらここまで来ることはなかったですね。







現在国内の飼育動物の頭数は2010年調査で2,147万頭だそうで、15才以下の若者の人口の1,700万人よりも遙かに多い状況という、ペットの存在が社会に与える影響に反映させられるまでになっています。
その一方で毎日のように県の動物保護センターに持ち込まれるペットの数も少なくありません。
会場内でダイジェスト上映されていた「犬と猫と人間と」は今の国内でのペットブームの裏に潜む悲しい現実を追った2009年に上映されたドキュメント映画。

2010年に殺処分された犬猫の合計数は、犬53,473頭+猫160,134頭=213,607頭。
特に猫は飼い犬と違い、野良猫や飼い猫でも出入り自由にすることもあり、避妊していなければ増えるのは必至。
なので持ち込まれるのは子猫が多いという。
そういえば、以前訪ねた猫シェルターには毎日子猫を保護センターから引き出すが数が多すぎて対応が間に合わないと言っていた。
せめて避妊手術をしていれば子猫の無駄死には防げる。

式典で賞を受賞した監督さんが言うには「これを少しでも多くの方達に見ていただいて今の現状をみんなに知ってもらいたい。そして考えて欲しい。」とのこと。
この「犬と猫と人間と」は現在も各地で上映会を開いているそうです。また、次回作があるらしく『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』というタイトルで、これは東日本大震災で被災した動物たちと人間を追ったドキュメンタリーだそうです。(来年完成予定。)

少しでも多くの方がたに見て頂けるといいですね。

そして会場で頂いた長寿を称える賞状にはこう書いてあります。
「あなたの愛猫は老猫にいたるまで、家族の一員としてある時はよき友として、又ある時はよき助け手としてよく尽くされた功績は大であります。よってここに表彰します。」と。

ペットはもやは家族の一員。外の猫やよその犬は友にもなれる。時には心を癒してくれる。
それは他の生き物も同じ。
会場の中には長寿魚の表彰者もいらっしゃいました。

側にいる人間の心掛け次第で生き物と人間は共存することが出来る事をみんなに知って欲しい。

私はまだまだ修行中。猫ボラをすることで色々学ばせて頂いています。

そして話は変わりますが、また今年も「路地裏の猫屋ネコクリ」開催します。
只今来週から始まるカレンダー展の準備と並行してフライヤーとDMを制作中。
昨日ようやく印刷屋に入稿しました。
今年のネコクリのテーマは「天使の猫からの贈り物」です。

今年も早いものでもうあと2ヶ月半。
今年は悲しい思いをしましたが、色々経験させて頂いた事に感謝をしたくて今年最後のクリスマスに感謝会をしようと思っています。
詳細はまた後日お知らせいたします。
フライヤーは一足早くカレンダー展の会場にて配布いたします。
 
 
どうぞ遊びにいらしてください♪

comments

   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2012/12/02 9:19 AM
pagetop