August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

伊勢丹相模原店『猫・ねこ・ネコ展』第一弾が終了致しました!

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます^^

 

昨日で伊勢丹相模原店『猫・ねこ・ネコ展』第一弾が終了致しました!

 

一昨日は台風5号の影響が心配されましたが、

会場周辺では大きな被害もなく安心いたしました。

昨日は入れ替えの為、5時で閉場という短い時間の中、近隣の知人、路地裏の猫屋のお客様がお越し下さり、

最後までお客様とお話が出来きましたこと、とても嬉しかったです。

 

今回のイベントはDM等がなく、告知は新聞折り込みと会員向けの冊子のみでしたので

近隣の一部のお客様への暑中見舞いをお送りした方が見えられましたが、

伊勢丹相模原に日頃のお買い物にいらっしゃるお客様の中には、

知人や私を知っているというお客様方が多く、よくお声を掛けて頂いた事にとても驚きました。

 

また、現在夏休みと言う事もあって、猫展会場前の広場では、時折オープン前に百貨店によるラジオ体操が催され、

毎回近所のちびっ子達が集まり、お菓子やハンコを貰っていたり、

週末は会場に隣接したホールでコンサートやピアノの発表会などが催されて、親子連れや、お孫さんを連れた方々が多く見受けられ、

会場は終始アットホームな雰囲気でとても心地よく過ごさせて頂きました。

 

 

» read more

伊勢丹相模原店『猫・ねこ・ネコ展』只今開催中!

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

 

今週水曜日から始まりました、地元相模原での初出展、

伊勢丹相模原店での『猫・ねこ・ネコ展』

今回、工房W-WELLで参加していますが、

連日、近所の方や工房展「路地裏の猫屋」のお客様がいらっしゃり、
和やかな雰囲気の中、とても楽しませて頂いています^^
工房W-WELLのブースは入口入って正面にあります。
伊勢丹相模原店は小田急線相模大野駅北口からは徒歩5分程ですが、
屋根があるので雨の日でも傘をささずに店内に行けます。
駅のコンコースから正面に見える伊勢丹。

朝の出勤風景。

 

猫展会場では、飼っている猫さんの画像をプリントアウトして

壁に貼って頂くコーナーがあります♪

丁度作業台の向いにコーナーがあるので

毎日ネコさん達に癒されています♪

 

早いもので前半の会期もあと3日。

完売間近の作品もありますが、会場でも増産しています。
欠品作品については受注も承りますので
どうぞお気軽にお聞き下さい。
また、2階のギャラリースクエア会場以外にも猫のグッズや食品も販売しています。
詳細は伊勢丹相模原店サイトのWebチラシをご覧下さい。
また会期の様子は伊勢丹相模原店facebookをご覧下さい。
尚、前半最終日の8日は17時閉場となります。
気を付けてお越し下さい。

第4回アートフェスティバルinさがみはら終了いたしました♪

JUGEMテーマ:イベント情報

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
昨日は晴天に恵まれ、JR横浜線相模原駅前のデッキにて
「第4回アートフェスティバルinさがみはら」が開催されました。
これは地元の商店街が主催し、

人達とものづくりが好きな人たちとの交流の場として2013年からスタート。今年は100ブースもの出展者が会場を賑わせていました。

 

» read more

「第4回アートフェスティバルinさがみはら」に参加します!(11/18更新)

JUGEMテーマ:イベント情報

 

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます!

本日は地元相模原でのイベントのお知らせです。

第4回アートフェスティバルinさがみはら

私と街とアートの絆

11月20日(日)

販売時間10:00〜15:30

(雨天の場合11月23日(水・祝))

会場:JR横浜線相模原駅前

ペデストリアンデッキ

【主催】相模原西商店街協同組合

【主管】アートフェスティバルinさがみはら実行委員会http://artfestival-sagamihara.com/

 

» read more

相模原市民桜まつりにプチ参加しました♪

JUGEMテーマ:イベント情報

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

工房周辺は今、桜色で一色になっています。
毎年この時期が楽しみです。
特に今年は3月25日頃に開花した後、寒の戻りがあった為、
現在はまだ8分咲きの所もあり、
桜を長く楽しんでいます。


昨日と今日の土日は工房から歩いて5分の所にある桜通りにて
相模原最大のお祭り「相模原市民桜まつり」が
開かれました。
両日ともに花曇りで2日目の今日は午後に
時折通り雨に見舞われましたが
会場内は何処も人で埋め尽くされていました。









そして今回は思いがけずに昨年から委託でお世話になっています、
ギャラリー誠文堂さんの前で急遽作品の出展をする事になり、
自転車で運べる分だけ持ち込んでプチ出店させて頂きました。

ここは桜まつり会場に近い大通りに面している事もあって
思いのほか多くの方に作品を見て頂く事が出来ました。

中には急な出展にも関わらずFacebookを見て来られたお客様や
「Facebook見てますよ」と声を掛けてくださったり
「路地裏の猫屋」を知っているという方など、
年に2回しか行なわれていない工房展にもかかわらず
この辺りでも認知されてきているんだと思い嬉しくなりました。



それから
今回隣でご一緒に出展されたご近所にお住まいの作家さんは
子供達に大人気でした。
その場で竹とんぼや折り紙に紙笛など
ひょいひょい作って差し上げていました。




ここ相模原に60年以上住んでいるというこの方は
お祭りや学校行事に出向いて子供達に
昔の工作を教えているそうです。

聞くと今は子供達に危険な事はさせない学校が多いそうで
ある小学校ではカッターは禁止、ハサミも
安全重視で切れないハサミを使っていたこともあったそう。(?)

私達の子供の頃はまず親からカッターで鉛筆を削る練習を
させられましたからね。
もちろん手を切る事もありました。
おかげで鉛筆削りいらずで好きなように芯先を尖らせることが出来ます。

その方はおっしゃってました。
カッターが使えない子の親子さんも実はナイフの使い方を知らなかったそうで
それにはさすがに驚いたそう。
学校や家庭で刃物を一切排除することで自分で指を切った事もない子は
相手を傷付けても痛みを知らない子になってしまうと。
(現に友達をカッターで斬りつける事件もありました。)
 
そんな学校の風潮もあって最近はあまり声がかからなくなったとか。

それから思う所があって去年からお祭りの時はこちらの誠文堂さんの前で実演をされているそう。
今回来た子供達の中には前回も来たという子もいました。

どの子達もこの方がカッターを使ったり、ロウソクやハサミを使って
玩具を作る姿に釘付けでした。
また、時折見せる昔なつかしい手品。
「あーこんなおじさん、昔学校の帰り道に路上にいたな〜。」
(今じゃ職務質問されるでしょう)

私には子供がいないので今学校でそんな事になっていたなんて知らず、
かなりカルチャーショックですが
それと同時に
こういう方がもっと必要な感じがしました。
 
相模原はお祭りが多い地域ですから
また何処かでお会いするかもしれませんね。


とにかくこの2日間はとても有意義な時間を
過ごす事が出来て楽しかったです。


次は北鎌倉の猫あーと展の準備をしないと!
12345>|next>>
pagetop