October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『路地裏の猫屋2017』寄付のご報告。(6/13加筆)

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
 

先日終了しました『路地裏の猫屋2017』の片付けや発送、経理も一段落し、

今回の工房展において集まりました寄付金のご報告と

寄付先への引き渡しが完了しましたのでご報告いたします。

 

まず、通常展示販売とワークショップの売上の一部30,000円

神奈川県動物保護センター建設基金に寄付をいたしました。

 

神奈川県動物保護センター建設基金 - 神奈川県ホームページ

神奈川県動物保護センター建設基金への寄附のお願い〜ふるさと納税でペットのいのちを救おう​


神奈川県は動物保護センターが老朽化に伴い

現在の施設から『いのちを守る為の施設』へ向けて

2019年を目処に平塚にあるセンターの建替えをする予定です。

神奈川県では犬が2013年から、猫は2014年から殺処分0が継続されています。
それは県内の多くの団体と個人のボランティアさんが登録されていて、
この方々の尽力のお陰で成り立っているのが現状です。
施設も、ボランティアも限界 「殺処分ゼロ」を掲げる神奈川県動物保護センターの現状

目標の11億まではまだまだです。
平成29年6月2日時点で、5766件、合計170,207,669円の寄附
(神奈川県サイトから)
会場にいらっしゃった猫好きさん達の中には
建替えを知らない方も多いようです。
引き続き『路地裏の猫屋』では2019年の開所が叶うまで支援出来ればと思っています。
*****
» read more

今年もありがとうございました!『路地裏の猫屋ーネコクリ2016』寄付のご報告

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
 

先日『路地裏の猫屋-ネコクリ2016-』が終了し、

ネット注文の発送や片付けと注文制作に追われ

気がつけば今年も残すところあと1日になってしまいました。

 

大変ご報告が遅くなってしまいました。

今回の工房展において集まりました寄付金のご報告と

寄付先への引き渡しが完了しましたのでご報告いたします。
 

 

まず、通常展示販売とワークショップの売上の一部と

11月に行なわれた赤レンガ倉庫でのイベントの売上の一部を合わせて30,000円

神奈川県動物保護センター建設基金に寄付をいたしました。
殺処分ゼロからその先へ!「殺処分室のない」動物保護センター建設

クラウドファンディング

 

 

多頭飼育崩壊や遺棄も多く、
悲しい事に、毎日の様に保護センターへ
ペットを持ち込まれてしまわれているのが現状ですが、
県内には多くの団体と個人のボランティアさんが登録されていて、
彼らの尽力のお陰で2016年度まで3年連続犬の殺処分0が継続されています。

その神奈川の拠点になっている
神奈川県動物保護センターが老朽化に伴い
現在の施設から『いのちを守る為の施設』へ向けての
建替えを予定していて、その為の寄付を募っています。
 
この建設が決まってから毎回工房展では売上の一部を基金に寄付しています。
今回はクラウドファンディング経由で寄付をさせて頂きました。
31年4月の開所が叶うまで支援出来ればと思っています。
 

 

» read more

『路地裏の猫屋2016』寄付のご報告。

 


いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
 

 

先日の『路地裏の猫屋2016』において集まりました寄付金の

お支払いとお渡しが完了しましたのでご報告いたします。
 

 

まず、通常展示販売とワークショップの売上の一部15,000円を

神奈川県動物保護センター建設基金に寄付をいたしました。

 

神奈川県動物保護センター建設基金 - 神奈川県ホームページ

神奈川県はペットの飼育頭数が多いが故に、
多頭飼育崩壊や遺棄も多く、
悲しい事に、毎日の様に保護センターへ
ペットを持ち込まれてしまわれているのが現状ですが、
県内には多くの団体と個人のボランティアさんが登録されていて、
彼らの尽力のお陰で2016年度まで3年連続犬の殺処分0が継続されています。

その神奈川の拠点になっている
神奈川県動物保護センターが老朽化に伴い
現在の施設から『いのちを守る為の施設』へ向けての
建替えを予定していて、その為の寄付を募っています。
 
かつてのセンターから殺処分0になった経緯と
新しいセンターへの想いなどが
記事になっています。
 
是非ご覧下さい!
「犬の殺処分ゼロ」を神奈川県が3年連続達成できた理由|
DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/91924 @dol_editorsさんから
 
*****
 
また、同じく通常展示販売とワークショップの売上の一部30,000円
キズニャチャリティーの売上57,464円
清川しっぽ村さんへ届けてまいりました。
※キズニャチャリティーの内訳は前回のブログを参照。
『路地裏の猫屋2016』ありがとうございました!

 
代表はこの日は不在でしたので
スタッフさんにお渡ししました。
 
※領収証は宛名が個人名になっていますが、しっぽ村の広報冊子には
『キズニャチャリティー』と『路地裏の猫屋』で掲載頂きます。
 
しっぽ村には主に福島の被災地から来たワンコさんと猫さんがいます。

 
この日は猫さんの面会は時間外で出来ませんでしたが、
ワンコさんとゆっくり触れ合う事が出来ました。

その中で特に気になる子がいました。
 

こむぎちゃんです♪
 

つい先週福島の保健所からしっぽ村に来たばかりの
4、5才の女の子だそうです。
 
その為か初めての人には警戒して小屋の中に入っちゃうそうですが
いつの間にか小屋から出て来て相方の手に手を乗せている光景が・・・
 
スタッフさんもお手をする姿を初めて見たそうです。
相方が言うにはこの子は躾が出来ているし
出産経験もあるらしいとのこと。
 
とてもおとなしいし、いい子なのに
(居る間は一度も鳴かなかった)
 
なんで保健所にいたの?
そして
 
なんて寂しそうな目をするの?
 
もう大丈夫だよ。
 
きっとしっぽ村さんが
新しい飼い主さんを引き合わせてくれるからね。

 
もう一匹は
風香ちゃん
風香ちゃんブログ『幸せへの片道切符』より
5月31日にしっぽ村に来た5、6才程の女の子だそう。
 
先日代表に連絡した時に
今週末にトライアルに出ると伺いました。
とても人懐っこく元気で遊びが大好きみたいです。
 
お気に入りのボールがあるようで
くわえて遊んでって持ってくるのです。
 
こんなに愛嬌のある子ですもの
きっとトライアル上手く行きますね!!
※追伸、こむぎちゃんと風香ちゃんは現在新しい里親さんの元で
幸せに暮らしています。
しっぽ村さんは現在も福島被災地にて給餌活動をされています。
『06/13・14  給餌活動&新入りちゃん』
⇒ #アメブロ @ameba_officialさんから

 
そして、4月に起きた熊本での地震で被災した
ペット達のケアも行なっています。
『熊本活動レポート』
⇒ #アメブロ @ameba_officialさんから
神奈川県清川村にあるしっぽ村さんでは
常時お散歩のボランティアさんや
ワンコさん、猫さんのお世話や遊んで頂ける方を歓迎しています。
丹沢、宮ヶ瀬方面へ遊びにいらした際は是非立寄ってみてください♪
TNR活動でも活躍している猫カーゴ君も
この日はお休みしていました♪

 
最後に
今回の工房展にご協力頂きました皆様に
改めてこの場をお借りしまして御礼申し上げます。
1日も早く、福島、熊本、そしてシェルターにいる子達に
平穏な日々が訪れます様願いつつ、
引き続き後方支援をさせて頂きますので
今後もご協力お願い致します。
工房W-WELL
白井 光可

しっぽ村へ寄付してきました!

いつも当ブログをご覧頂きましてありがとございます。

昨日は、昨年暮れに行ないました工房展でのキズニャチャリティーの売上金¥28,010-を清川村にあるしっぽ村さんに渡しに行ってきましたのでご報告いたします。

昨日は代表が新しい里親希望の方への家庭調査で不在でしたのでスタッフさんに手渡しました。


今回のチャリティーに作品を寄付してくださいました方々や作品を購入していただきました皆様本当にありがとうございました。
(領収証には経理上個人名になっていますが、しっぽ村さんの発行冊子にはキズニャチャリティーと明記させて頂くことになっています)

しっぽ村さんは2011年の東日本大震災の翌年の暮れから清川村にシェルターを設置し被災地にいる猫さんワンちゃんを受け入れたり、現在も現地まで出向いて給餌活動をされている団体です。
昨年からは移動診療車を導入し、県内の野良猫さんのTNR活動もされています。

しっぽ村さんに来たのは約1年振りです。
前回に比べてコンテナが増えて収容数も増えているようです。
ピンクの小屋はワンちゃんの家です。


ワンちゃんは被災地から来た子や神奈川県動物保護センターから来た子など
色々な事情で来た子がここで新しい里親さんが来るのを待っています。



中には遊んで欲しくておもちゃを持って来る子も。


こちらは猫棟のひとつで新しい里親さんを待っている子達です。

里親募集中の一部の猫さん達。
写真の子達はしっぽ村に来て8ヶ月程で結構なついているようで
いつでも里親さんのご縁を待っているそうです!


※施設内の写真は許可を取って撮らせて頂いています。

その他にエイズや白血病のキャリアを持った子達の棟や近くには一軒家丸ごとフリーサロンのにゃんズなどがあり、希望者には見学が出来る様になっています。
今、空前の猫ブームで飼育頭数が犬を上回る勢いだそうです。
可愛いからと寂しさを埋めるだけで安易に猫を飼う事はあまりオススメしませんが、もし一生家族として手放さない覚悟があるのでしたら、保護された子を家族として向い入れてくださる事を望みます。

その為には何度か対面して相性を見極める必要もあると思います。
どうぞ一度お近くの保護施設へ足を運んでみてください。

ちなみに清川しっぽ村さんへ行くにはキャンプ場がある清川村のリッチランドという所を目指して行かれると分かりやすいです。
また、せっかく自然豊かな場所なので一緒に周辺も巡ってみてはいかがですか?

相模原から清川村に行くのに途中通る宮ヶ瀬湖。
昨日は午前中は雲が殆どない快晴で暖かい陽気でハイキングには丁度良かったです。
湖畔の公園では梅がもう咲き出していました。

整備された周辺の園内は散歩するには最適です♪
昨日はワンちゃん連れが多くいらっしゃいました。

途中立寄った鳥居原ふれあいの館で食べた、地元の野菜がたっぷり入った煮込みうどん。
優しい味の割にこくがあって美味しかったです♪
添え物のさしみこんにゃくや浅漬けも美味!
外のベンチで景色を見ながら食べるのも気持ちよかったです。
売店では地元の人達手作りのお弁当などもありますのでお天気の良い時は外で食る事をオススメしますよ♪


鳥居原エリアの駐車場は無料で170台も停められるもあって県内外から多くの人が立寄る穴場な場所です。
特にバイク族や車の愛好家が多く、珍しい車やバイクが見られます。

建物の中には他にも地元の野菜や物産品もあり、スーパーで買うより新鮮なお野菜が安く買えます。

また、建物周辺では毎月第一日曜日には地元の人達の手作り市も開催しているようで、昨日はたまたま正月明けの最初の臨時開催日だったそうです。
そこで偶然、いつもキズニャチャリティーで寄付して頂くボランティアグループ「青い鳥」さんとお会いしました。
いつも寄付してくださる猫さんの洗濯バサミ。
これが結構人気なのです♪

青い鳥さんは不要になった着物・帯・ゆかた・毛糸・布・手芸用品を集めてバッグ・エプロン・帽子や小物などを作って販売、売上金を震災で被災したいわき市や大船渡などに寄付されているそうです。
もし不要になったものがありましたら青い鳥さんに寄付してはいかがですか?

福祉と環境を考えるボランティアグループ
青い鳥サイト

*****


それから厚木や伊勢原からしっぽ村さんに行かれる途中、清川村役場の向かいには清川道の駅が昨年の11月に出来ましたので休憩に立寄っても良いかもしれませんね。
こちらにも地元の新鮮な野菜が販売されています。




しっぽ村さんは自然豊かな山間にあるので車でないと通うのは大変だとは思いますが、ドライブするにはいい所ですので近くへお越しの際は、しっぽ村に立寄ってはいかがですか?
お散歩のお手伝いやワンちゃん猫さんたちのスキンシップやご飯をあげるお手伝いをすることで彼らは社会性を学び、次の新しい里親さんを見つけやすくなるのです。
その際は作業の妨げにならない為にも、事前に来訪日時を確認されてから行かれる事をオススメ致します。

昨日しっぽ村内を案内してくださった女性スタッフさんは相模原中央区からほぼ毎日通っているそうです。
彼女達がいるお陰でしっぽ村の子達は命が繋がっているのですよね。

代表はじめスタッフの皆様そしてボランティアをされる方々にはくれぐれも身体にお気を付けて続けられる事を願います。

そうそう、あれから代表からのメールでまたいいご縁がありそうで良かったです^^

また折をみて伺わせていただきます♪

清川しっぽ村サイト

http://ameblo.jp/ananan223/

「路地裏の猫屋2015」の御礼

JUGEMテーマ:イベント情報
JUGEMテーマ:にゃんこ
いつも当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

5月21日から行なわれていました工房展「路地裏の猫屋2015」は31日に無事に終了いたしました。

会期中に会場へお越しの方々、また、ネットをご覧、ご利用頂いた方々にこの場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

現在、片付けや集計、発送、注文制作に奮闘しております。
皆様への個々の御礼は落ち着きましたら順次させていただきます。

後半の週末もワークショップがありました。
30日の土曜日は羊毛作家宮崎麻美さんによる羊毛ワークショップでした。
各回ともに満席で賑やかなワークショップになりました。



一部の作品達。みなさん初めての羊毛ワークショップでしたが宮崎さんの丁寧なご指導で可愛い作品が出来上がりました♪

私も今回ラテニャンコを作りました♪
毎回参加しているのでちょっとは形になってきたかしら?
本当はしっかり作らないと型くずれをしてしまうのですが、
強度は全然ないです(笑)
針を刺す加減が難しいですね^^;



そして最終日は生方氏による蔓編みワークショップでした。

今回制作した一番大掛かりな猫ちぐらは、生方氏と参加者のご夫婦の三人の共同作業で作り上げました。
オブジェにもなる大作ですね!ネル君もマタタビの蔓に興味新々。
ネコちゃん気に入ってもらえるといいのですが・・・


その他にも猫ベット、一輪挿し、カゴが出来上がりました♪

ネル君、この日初めて猫ベッドに自分から入ってくれました♪
蔓編みは採取したてのまだ蔓が柔らかいうちに編むので、蔓の匂いがあるせいか作ってすぐは寝てくれませんでした。
蔓が乾燥して形が落ち着いてきて中にクッションを敷いて置いていましたら、いつのまにかそこで寝ていました。
猫ベッドのワークショップは次回も行ないますので是非チャレンジしてみてください!




それから今回初めて行なった周辺のお店とのコラボ商品「CARINKO」さんの”飴ちゃん”や「自家焙煎コーヒーのクラーヌ」さんの”KIZUNYAブレンド”に「こむぎ」さんの”肉球パン”はじめ「レシートラリー」にご協力頂きました店主様方。
そしてプレゼントにご協力頂いたCARINKO」さん「自家焙煎コーヒーのクラーヌ」さん「エヴァロッタ」さん
不躾なお願いに快く承諾頂きましてありがとうございました。
プレゼントも予定していた分よりも多くの方に廻って頂いたようでしたので急遽増やしましたが、皆様に無事に行き渡ったようで良かったです^^

面白かったのが、今回は市外から来られたお客様が皆相模原駅のレンタルサイクルを利用されてたらしく、係員が登録時に住所を見て、なぜ相模原迄わざわざ来たのか不思議そうに訪ねられたそうです。^^
そして、市内を走った市外の方皆さん「走りやすい街」「カフェが沢山あって休憩にいい」「面白いお店が沢山あった」「また自転車借りて来ます」とおっしゃってくださいました。
ただ、たまに自転車が全部出払って借りられないこともあったようで、今後は台数とギヤ付きも増やして欲しいと思いました。

また時間に余裕がありましたら周辺のお店を巻き込んでこういった企画をしてみたいですね。
今回お客様にお渡ししました自転車マップが今後もお役に立てられたらと思っています!
(但し、6月1日から自転車における道路交通法が変わりましたのでご注意ください)


そして閉店間際には急遽クロージングカフェを開かせて頂き、ワークショップに参加頂いた方やご近所の常連さん交えておもてなしさせていただきました。
また嬉しい事に「清川しっぽ村」の代表の吉島さんがお忙しい合間を縫ってご挨拶に見えられて、皆様と交流をもたれていました。
被災地の現状や保護活動の事など、普段なかなか聞く事の出来ない事を皆さん質問されていて、こういう機会が設けられて良かったと思います。
講演会とは違ってかしこまらずに気軽に質問出来ますし、しっぽ村さんがより身近な存在になったのではないのでしょうか?
また、この日工房に訪ねて来たわんちゃんやねこちゃん、ネル君を触っている時に代表の吉島さんの優しい人柄も垣間見ました。

先日も告知しました様に、今回も前回に引き続きKIZUNYA(キズニャ)チャリティーコーナーを設け、皆様から手作り作品を提供して頂き、売上の全額をしっぽ村さんに寄付する事になっていました。
そして最終日に集計しました結果34,422円なりました。
このお金はしっぽ村さんで今月6月から運行する予定の移動診療車の運営費に充てさせていただけたらと思っています。
チャリティーにご参加頂いた方々とチャリティーをして頂いた方々にはこの場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。
このチャリティーは今後も行なって行こうと思っています。



お預かりしていたフードもしっぽ村さんにお渡し致しました。

そして、今回お忙しい時期にも関わらず参加頂いた10名の作家様(ワークショップ含む)。
本当にありがとうございました!



皆様からの売上の一部の30,000円を被災地動物の為に寄付させて頂きます。
(内キズニャブレンド寄付代金2,400円)

2008年から始まりました期間限定の工房展「路地裏の猫屋」少しずつですが、常連様が増えてきました。
また、今回は特にSNSやレシートラリーで新しいお客様も随分見えられました。

普段はクラフト作家として仕事場として活動している場所ですが、一時的でも猫好きさん初めモノ作りが好きな人達の交流の場になれたらと思って始めた工房展。
最近はここへ来た作家さんとお客様、お客様同士で繋がっています。
この9日間沢山の事がありすぎて一つ一つご報告出来ませんがとにかく充実した会期になりました。

これからも定期的に工房展を行ないたいところですが、作家業の傍らで一人で準備するのも限界があります。
今回もどうしても手が足りない時はご近所に手伝って頂きました。
ただ、開催時期については今期が一番早い時期だったのですが、予想外の夏日。
建物の構造上クーラーも効かない程暑くては来て頂いたお客様には申し訳なく・・・
今後は時期も含めて部屋の蓄熱対策も施す事も視野におきながら検討したいとお思います。

また、次回も引き続きマップを更新していきたと思いますが、なかなか一人では廻りきれず、もどかしい気持ちもあります。
もし良ければマップのサポーターになってくださって、お店情報を教えてくださると助かります^^
主に閉店した店舗や評判の良いお店情報。オープンしたお店などなど。
実際に訪ねてみてマップの更新に役立てたいと思います。


本当にありがとうございました!

この後は今週木曜日から「猫町ギャラリー」にて企画グループ展『猫と私の時間』に
7月は「スペース游」にて企画グループ展『我輩は猫である展』と
山猫屋」にて企画グループ展『愛しのしましま猫展』
おもだか屋アートステージ」への納品。
そして9月は北鎌倉にて個展を控えています。
暫くは現在受けている注文以外のネットショップの方の更新と受注生産は暫くお休みになります。
ご了承ください。

休む間もなく次に向けて邁進してます。
現在色々と御待ち頂いています方々申し訳ありません!
今度ともお付き合い頂けたら幸いです。

2015.6.2
「路地裏の猫屋2015」
主宰兼クラフト作家
工房W-WELL
白井光可
12345>|next>>
pagetop